上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top
昨日、熊本市内の盲老人ホームに入所しているオフクロを病院に連れて行ったんだけど、その帰りにクルマが故障してしまった。
アクセルが抜けた感じで、どんなにアクセルを踏み込んでもエンジンの回転が上がらない…
来る時はなんでもなかったのになんで~と思いつつ、ホームの看護婦さんも乗せてたもんだから、少しパニックに…
近くのガソリンスタンド(小さな)にやっとの思いで入れ、店のオヤジに聞いてみるもわからないという返事。
仕方ないのでJAFにTELしたんだけど、到着まで30分ほど掛かるとの事だったので、看護婦さんがホームに連絡して、オフクロと看護婦さんはホームから迎えに来てもらうことに…
オフクロたちを見送ったあと、JAFが来るまでまだ時間があるんで、アクセルワイヤーを辿ってみようかと(この時点ではワイヤーが切れたのかな、と思っていた)運転席のシートを上げてエンジンルームを覗いてみた。(私のクルマはシートの下にエンジンがある)
で、アクセルワイヤーを見てみると切れてたんじゃなく、ワイヤーの外装チューブを固定するナットが緩んでステーから外れていたため、アクセルを踏んでもワイヤーが引かれず、アクセルが開かなくなっていたことが判明。(写真の矢印部分)
セレナのエンジンルーム


ステーにはめ込んでナットを締めたら直ったので、JAFに「いじってたら直りました。」ってTELしたんだけど、もう近くまで来てるから点検だけでもしときましょうというので、一応見てもらって(会員だったから無料でした)無事に帰ってくることが出来たけど、もう少し早く落ち着いてエンジンルームを覗いときゃよかったかな…
シート上げるの、結構面倒なんだよね…やっぱ、ボンネット開けただけでエンジンが見れる車のほうが楽だな~。
お疲れの一日でした。
スポンサーサイト
2006.09.02 Sat l ク・ル・マ l コメント (4) トラックバック (0) l top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。