上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top
11日のバス旅行に続いて12日は以前から約束していた友人達とドライブに行った。
この日も雨模様だったため、雨の関係ない秋芳洞に行ってみた。
akiyosidou.jpg akiyosidou02.jpg akiyosidou03.jpg
久しぶりの秋芳洞で、洞内はまだ肌寒かった。そしてそれ以上に感じたのは以前はもっと明るかったような…
生憎の雨というのもあろうが、駐車場からの道中もご覧の通りで何か寂れた感じが…

kanmonkyou.jpg
その後高速の壇ノ浦PAで昼食をとり、先日家族と行った田川の石炭博物館に寄って帰ってきた。
写真は壇ノ浦PAから見た関門橋。雨が降り続いていた。(行きがけのめかりPAでは霧で関門橋は見えず終いだった)

2日続きのお出かけだったけど、やっぱり自分で運転したほうが楽だァ~。
スポンサーサイト
2011.06.15 Wed l ドライブ情報 l コメント (0) トラックバック (0) l top
今日は会社の親睦バス旅行でサントリーのビール工場に行ってきた。
とはいっても、大雨の影響で終日高速は通行止め、行程も変更につぐ変更で、大変な1日だった。
suntory01.jpg suntory02.jpg
御船IC近くにあるサントリーの熊本工場。ここでは主にプレミアムモルツが造られている。工場内は撮影禁止だったため、写真はないが、最新の綺麗な設備でビールが造られていた。
工場見学の後、プレミアムモルツなどの試飲ができ、その後工場内のレストランでバーベキューの昼食を頂いた。

昼食後、工場を出発して阿蘇の立野駅へ向かい南阿蘇鉄道のトロッコ列車に乗る予定だったが、大雨の影響でこれも運休。急遽旧清和村の清和文楽館へ行くことに…。
bunraku.jpg
清和文楽館で人形浄瑠璃「傾城阿波の鳴門」(ととさまの名は十郎兵衛…というあれ)を観劇(上演中は撮影禁止)、上演後は人形の操作の仕方など伺い、ここは道の駅も兼ねているので土産物購入の時間をとった後、帰路へ。

この時間になっても高速の通行止めは解除されておらず、一般道をひたすら走っていると緑川流域は今にも氾濫しそうな水の勢いで、付近の人々は大丈夫だろうかと心配になった。

そんなこんなで18時30分の帰着予定が20時過ぎとなり、大変な1日だった。
2011.06.11 Sat l 今日の出来事 l コメント (0) トラックバック (0) l top
昨日、以前から行ってみたいと思っていた門司港駅の隣りにある「九州鉄道記念館」に行ってきた。
KRHM-001.jpg KRHM-002.jpg KRHM-003.jpg
左:記念館正面ゲート。本館は旧九州鉄道本社屋を使ってある。

中:旧0キロポスト跡の記念碑。関門トンネルが開通する前はここが門司駅で、九州の鉄道の始点だった。
関門トンネルの開通によって、隣の大里駅が新しい門司駅となり、ここは門司港駅となった。(だったと思う)

右:車両展示場。一番手前はキューロクとC59のSLたち。ここはホームが高くないので、運転席を覗き込むことはできなかったが、迫力の動輪が間近で見られる。

KRHM-004.jpg KRHM-005.jpg KRHM-006.jpg
左:EF10型電気機関車。関門トンネルの開通により、トンネル専用の機関車として配置された車両。

中:ED72型電気機関車。北九州地区の交流電化に伴い、九州初の交流電気機関車として登場した。

右:キハ07型ディーゼルカー。戦前の代表的な半円形スタイル。戦前に製造された同型車で原形を保っているのはこれだけという。

KRHM-007.jpg KRHM-008.jpg KRHM-009.jpg
左:キハ07からは車内の見学ができる。いかにも昭和初期といった室内。

中:キハ07の運転席。

右:481系特急電車。こだま型と呼ばれたボンネットタイプ。私の若いころはL特急「有明」や「にちりん」として活躍していた。

KRHM-011.jpg KRHM-012.jpg KRHM-013.jpg
左:581系寝台特急電車。寝台車といえばブルートレインを思い浮かべる人がほとんどだろうが、こういった電車寝台もあった。(私は乗ったことがなく、一度乗ってみたかった。)

中:581系の座席を寝台状態にしたところ。これは下段で、この上に中段、上段ができるようになっていた。

右:この吊り棚奥のふくらみが回転しながら降りてきて中段と上段のベッドを作る。なお、ブルートレインは片側通路で進行方向に横向きベッドだが、581系は中央通路で進行方向に向いたベッドになる。

KRHM-014.jpg KRHM-015.jpg KRHM-016.jpg
左:本館に入ってすぐにある、明治時代の客車。座席は畳敷きだった。

中:九州の車両が勢揃いした鉄道模型のパノラマ。何種類かの車両は運転できるようになっているようだったが、この日はなぜか動かなかった。

右:運転シュミレーター。100円で運転手気分が味わえる。子供たちに大人気だった。

KRHM-017.jpg KRHM-018.jpg
ほかにもこんなヘッドマークや、行き先標などたくさんの展示物があった。

鉄道記念館を後にして、田川の石炭歴史博物館に向かった。
TCMHM-001.jpg TCMHM-002.jpg TCMHM-003.jpg
ここは先日ユネスコの世界記憶遺産に登録された山本作兵衛の炭鉱画が展示されている施設とあって、沢山の見学者で賑わっていた。

左:三井田川鉱業所伊田竪坑櫓。この博物館は田川鉱業所伊田坑の跡地に建てられている。

中:炭坑節に「あんまり煙突が高いので~」と歌われた2本煙突。三池では宮浦坑のものを言うけどどうやらこっちが本家みたいだ…。

右:復元された炭住。今回は炭鉱画のほかにこれが目当てだった。

TCMHM-004.jpg TCMHM-005.jpg TCMHM-006.jpg
左:炭住街から竪坑を望む。

中:復元された鉱員社宅の炊事場。昭和20~30年代のものだと思う。まだ水道は共同で、流しの右側に水をためておく水瓶がある。私の子供のころのはもう各戸に水道が引かれていたが、まだ水瓶や竈は残っていて、断水時などはあらかじめ水瓶に水を溜めていたように記憶している。

右:茶の間の様子。この家の表札には「伊吹重蔵」と書かれていた。この人が信介の親父さんか…?

TCMHM-010.jpg TCMHM-011.jpg TCMHM-012.jpg
左:自走枠。初期の頃のものか、私が知っているのより随分小さい。

中、右:ちょい見、バッテリーロコかと思ったが、運転機器がぜんぜん違うし、前方にはラジエーター風のものが…。
銘板をよく見てみると、なんと、ディーゼルカーだという。坑内で気動車を使っていたのか? 排気は? 防爆対策は?

TCMHM-013.jpg TKY200912050256.jpg
左:手掘り時代の採炭風景。後山に女性が付いている時代だった。(夫婦者が多かったと聞いた覚えが…)

右:展示場では撮影禁止のため、ネットで拾ってきた山本作兵衛の炭鉱画。なんともリアルな絵に添えられた説明文がまた秀逸で、でも全部読むには時間がなさ過ぎて…

鉄道記念館も石炭歴史博物館も是非行ってみたいと思っていた施設だっただけに、見ごたえがあって、大変満足したNontaでした。
願わくば大牟田市も石炭館の屋外展示場(ネイブルランド跡地も含めて)に、在りし日の炭住街を復元してもらえたら…と思うのは私だけでしょうか…。
2011.06.05 Sun l ドライブ情報 l コメント (0) トラックバック (0) l top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。