上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top
今年もおおむたひまわり畑の時期になったと思い、カミさんと健老町に行ってみたら…
13himawari-001.jpg 13himawari-002.jpg

無い… 

なんで~ 

なんも無い… 

展望台はちゃんとあるのに肝心のひまわりは…

あとで調べてみたらひまわり畑、「暫くお休みします。2015年から再開の予定です。」とのこと…
でも、大牟田市があの土地にメガソーラーを誘致しているという情報もあるようで、今後どうなるのやら…

この時期のいい名所になりつつあったのにな~
スポンサーサイト
2013.09.29 Sun l 今日の出来事 l コメント (0) トラックバック (0) l top
このあいだブログに書いた2回目の負荷検査の結果は、前回と同じくヘモグロビンの数値は低いが、2時間後の血糖値はかなり高かったそうで、正式に糖尿病との診断を頂きました(泣)。

その後、栄養指導と薬をもらって帰って来たが、栄養士の先生によると空腹時血糖は93程度で、まだまだ食事に気をつけるだけで治せるから…とのこと、これからは腹八分目を心がけて酒量も減らそう…と思ったNontaだが、果たしてどれだけ続けられますことやら…
2013.09.26 Thu l 近況報告 l コメント (0) トラックバック (0) l top
ちょっと間が空いちゃったけど新幹線フェスタ その3です。

車体上げの実演を見て工場を出ると、こんな特殊車両がいた。
festa-033.jpg festa-034.jpg
レールや架線を保守する車両だろうけど、これも体験乗車が行われていた。(これも希望者が多く、乗るのは断念したが…)

会場内にはいろいろな出店が出ていて、鉄道のおもちゃやら、食べ物やら、門司港名物のバナナの叩き売りなんてのもあった。
festa-035.jpg festa-036.jpg festa-037.jpg
また、ミニSLも走っていて、旧あそBOYを模した客車を引いたミニD51が元気に煙を吐いてちびっ子たちを喜ばせていた。

festa-038.jpg
車内見学をした検車庫(F棟と言う)。

一回り見て回って、帰る為に富合駅に向かったが、ここが長蛇の列で、かなりの待ち時間を覚悟したが、JRが臨時列車を多数運転していたようで、さほど待たずに熊本駅に向かえた。
festa-039.jpg festa-040.jpg festa-041.jpg
但し、熊本駅で新玉名に停車する列車との接続が悪く、1時間ほど待ち時間があったので、もう14時を回っていたが遅い昼食を摂って、早めにホームに上り、つばめやらさくらやら、行きかう列車を眺めて過ごした。

festa-042.jpg festa-043.jpg
私たちの乗る列車は熊本始発で、博多から熊本に着いたN700系の折り返しだったので、割と早く車内に入ることが出来た。来る時は西側(5列シートの2列側)に座ったので、帰りは東側に座ってみると、熊本駅を出てすぐ、藤崎台球場の前後に熊本城の天守が綺麗に見えた。(そのほかの車窓はあまり…だったけど…)

写真点数が多くなって3回に分けてUPしたけど、鉄ちゃんとまでは行かなくとも鉄道好きなNontaには何ともいえない1日だった。

ただ、博多、新鳥栖、久留米からはフェスタ行きの臨時新幹線が運行されており(貸切弁当付で1本のみ)、これだと新幹線に乗ったまま熊本総合車両所に入れるので、来年からは新大牟田や新玉名からも乗れるようにならないか…と思うNontaだった。
2013.09.22 Sun l 近況報告 l コメント (0) トラックバック (0) l top
新幹線フェスタ その1からの続き…

検車庫(?)での車内見学を終えて屋外へ出るとまず目に入ったのがコレ!
festa-019.jpg
新幹線の洗車機! なるほど…デカイ! これも実演があっているようで、水はねに注意するようにの看板があったが、時間が合わず、涙…

その後工場のほうで車体上げの実演が始まる旨のアナウンスがあったので、急いで工場のほうへ…
festa-020.jpg festa-021.jpg festa-022.jpg
festa-023.jpg festa-024.jpg festa-025.jpg
このときは作業用の台車を履いていたが、4箇所にジャッキと言うかリフターと言うか、まあ専用の機械を掛け、各所連絡を取り合いながら慎重に車体を浮かせていた。工場内なので、天井クレーンで吊るのかと思っていたが、こんな風にリフトアップしているとは…予想外だった。

festa-026.jpg festa-027.jpg festa-028.jpg
こうやって台車がはずされて検査や修理に回るんだな…

しかし、最近の新幹線、底までカバーが掛かってるのに驚き…。 0系や100系、300系くらいまではスカートだけだったんじゃあ…
festa-029.jpg festa-030.jpg
車体上げの解説をしていたお姉さん。ちびっ子たちにクイズを出したりもしていた。

右は普段は見れない連結面(妻面)。

festa-031.jpg festa-032.jpg
車両同士をつなぐ密着連結器。右は車体からはずされた台車。この台車に2台(1軸に1台)モーターが載っている。

今回はここまで… その3に続く…
2013.09.14 Sat l 近況報告 l コメント (0) トラックバック (0) l top
この前の日曜日、年に一度の「新幹線フェスタ」が熊本総合車両所で開催されたので、カミさんと2人で出かけた。

会場には駐車場は無いとのことだったので、新玉名駅に車を置き、新幹線で熊本まで出て、在来線に乗り換えて最寄り駅の富合まで行くことにした。
festa-001.jpg festa-002.jpg
新玉名駅の駐車場は無料のため、10時半にはすでに満車の状態だった…こんなに新幹線の利用客がいるのか?…しかし駅の周りにはまだ何も無いし…

ただ一駅区間だけとはいえ、九州新幹線初乗車に期待を膨らませたNontaだったが、9分間と言う時間と、トンネル、防音壁で車窓はほとんど見えず、あっという間に熊本に着いた。

乗換え口に進むと、新幹線フェスタのための臨時列車が出ていて、時刻表で調べていた乗り換え時間20分の待ち合わせも無く、ほどなく富合に着いた。

富合駅は無人駅だが、この日はJR九州の係員が多数出ていて、帰りの切符の販売も行っていたので、ここで帰りの切符を買っておいて、新幹線フェスタの会場、熊本総合車両所へ向かった。
festa-003.jpg festa-004.jpg festa-005.jpg
festa-006.jpg festa-007.jpg
festa-008.jpg festa-009.jpg festa-010.jpg 
さすがに子供連ればかりで、私たちのような熟年夫婦の2人連れと言うのはなかなかいないようだったが、とにかく子供のころからの電車好きのNontaはカミさんをほっぽってN700系や800系の写真を撮って回った。

800系の運転席の見学の抽選会も行われていたが、あまりに多くの人が並んでいたので、諦めて車内見学に回った。
festa-011.jpg festa-012.jpg festa-018.jpg
N700系の車内。指定席4列シートと自由席5列シート。

車内見学はN700系指定席→800系→N700系自由席の順路になっていたが、ここではわかりやすいようにN700系と800系は分けて紹介することにする。
ちなみにN700系とはJR西日本との直通運転で、新大阪まで走っている車両で、800系とはいまのところ九州のみを走っている車両だ。

festa-013.jpg festa-014.jpg festa-015.jpg
800系の車内。木材がたくさん使われた車内で、明るく、木の温かみがあって好感が持てた。九州産の材料が使われているそうで、洗面所に架かるイ草の暖簾も趣があってよかった。
festa-016.jpg festa-017.jpg
800系は全車両4列シートで、シートのすわり心地も良く、カミさんもN700系よりこっちのほうが気に入った様子だった。

今回は写真点数が多いので、数回に分けてのUPと言うことで、今回はここまで… その2に続く…
2013.09.10 Tue l 近況報告 l コメント (0) トラックバック (0) l top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。